テレビ

岡部七子 許嫁・寿一実(62歳)との結婚はあるか!母親や父親はどんな人?

岡部七子 

20194月放送の「さんまの東大方程式」に出演されたことで、一躍有名となった東大理系女子の岡部七子さん!

2018年開催のミス日本コンテストでミス着物に選出されたこともあり、とても理知的で華やかな女性なのですが

なんと62歳の許嫁がいる」ということでスタジオは驚愕!20歳のうら若き乙女に62歳の許嫁とはどういうことだ!?と話題になりましたね!

 

この度、2019819日放送の「人生が変わる一分間の深イイ話」に岡部七子さんが出演されることが決定し、許嫁についての新情報が公開されるのではないかと再び注目を浴びています!

果たして、岡部七子さんは本当に62歳の許嫁と結婚されるのでしょうか

今回は、ミス着物の東大理系女子岡部七子さんの許嫁事情についてご紹介します!

岡部七子は許嫁・寿一実(62)との結婚はある?

東京大学教養学部理科2類(薬学部)でありながらミス日本コンテストで「ミス着物」に輝いたほどの才媛。

清廉潔白なイメージを持つ岡部七子さんですが、華やかな雰囲気から引く手数多であることは想像に容易いですよね!

しかし、驚いたことに62歳の許嫁がいらっしゃるのだそうです

生まれた時から許嫁がいる

20194月放送の「さんまの東大方程式」にて岡部七子さんに62歳の許嫁がいらっしゃることが明らかとなりました。当時は「こんなに若くて賢くて可愛らしい女性に62歳の許嫁!?」と驚いた視聴者も多かったようですね。

それもそのはず

許嫁制度自体が廃れた現代。許嫁同士の仲が大変良好で、ご本人たっての希望ということであれば祝福するところですが、許嫁といえば親同士が決めた結婚ということですよね。しかもお相手は年の差40歳以上の62歳のお方。これには手放しでは祝福できない事情がありそうです

 

それでは、62歳の男性と許嫁になった経緯とはいったいなんなのでしょう?

そこに至るためには、まずお相手のご紹介をしたいと思います。

岡部七子さんの許嫁は吉本新喜劇の副座長も務めた芸人の寿一実さん。

 

(引用元:https://www.daily.co.jp/

名前:寿一実(ことぶき かずみ)

生年月日:1956526日(63歳)

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

寿一実さんは九州にゆかりのある芸人さんで、あの華丸大吉の博多大吉さんとは20年来の親交があるのだとか。博多大吉さんにとって「唯一先輩と呼べる芸人さん」なんだそうですよ。

また、どうやら博多大吉さんは岡部七子さんのお母様ともお知り合いのようですから、芸人さんと親交のあるご家庭なのかもしれませんね。

寿一実さんと岡部七子さんのお母様はもともとお知り合いだったそうですが、ある一件がきっかけで岡部七子さんのお母様の方から「寿一実さんを娘の許嫁に」と取り決められたのだとか!

 

当時、岡部七子さんはまだお母様のお腹の中!年の差42歳の男性をお腹の娘さんの許嫁にされるような大事件っていったいなんなのでしょうか

どうやら岡部七子さんのご両親がご結婚された当時、お母様は故郷を離れお父様のいらっしゃる福岡に嫁いで来られたのだそうです。家族も、友達も、知り合いも居ない福岡で暮らすことは、さぞかし不安であったことでしょう。

そんな折、岡部七子さんのお母様は寿一実さんと出会い親交を深めます。寿一実さんは当時から芸人として活動しており、稼ぎもまだ安定していない状況でした。しかし、寿一実さんはそんな貧しい状況においても、岡部七子さんのお母様のために誕生日パーティを開き、「好きなお酒を買っていいよ」600円のワインまでプレゼントしてくれたのだそうです。

 

周囲に友達の居なかった岡部七子さんのお母様は甚く感動されたのでしょう。このことから「お腹の娘の許嫁に!」と決められたのだとか。

うーん、どうでしょう?

もちろん岡部七子さんのお母様にとって、この出来事は涙が出るほど嬉しかったことでしょう。しかし、感じ方は人それぞれかと思いますが、普通は「お腹の子を許嫁に!」という発想には至らないと思いますね。

 

私が寿一実さんの立場であれば困りますし、岡部七子さんの立場でももちろん困ってしまいます。この件に関しては、本来お母様ご自身が寿一実さんに対して、何か恩返しをして差し上げるべきだったのでは?と思ってしまいますね。

そもそも、岡部七子さんはこの件についてどう思っていらっしゃるのでしょうか?

本当に結婚する?それとも単なる売名行為?

 

この投稿をInstagramで見る

 

インスタ始めました! 南京でのロケの時の写真です。桜が満開でした。

岡部七子さん(@konanako7)がシェアした投稿 –

20194月放送の「さんまの東大方程式」では、岡部七子さんから62歳の許嫁寿一実さんへ向けての公開プロポーズがあるということで話題となりましたね。

 

実は、岡部七子さんと寿一実さんはFacebookなどでのメッセージを用いた交流はあるものの、実際にお顔を合わせてお話をされるのは今回の番組での中継が初めてだったのだとか。岡部七子さんのお母様と寿一実さんとは毎年年賀状を送り合う仲とのことですから、日常的にはそれほど深い関わりはないのかもしれませんね。

番組内では今度食事に行こうと約束をされていましたので、2019819日放送の「人生が変わる一分間の深イイ話」では、その後のお二人の進展についてもお話がうかがえるのではないでしょうか。

 

番組予告の段階で、岡部七子さんから寿一実さんに対しての公開プロポーズがあると宣伝されていた通り、岡部七子さんは「よろしくお願いします」と寿一実さんへ向けて挨拶されています。

素直に言葉のままを受け止めれば、これは岡部七子さんご自身も結婚に賛成していらっしゃるように見て取れますが、本当に結婚されるおつもりなんでしょうか

番組に出演されていた新川優愛さんも、お二人の一連のやり取りには「本当にいいの?」「心から喜べない」と戸惑った様子でした。

 

確かに、ご結婚はご本人同士が決められるもの。

このご選択が岡部七子さんにとって最善であるならば、もちろん外野の意見など気にせず結ばれてほしいところですね。しかし、もしも幼少から「あなたは将来寿一実さんと結婚する、それが1番幸せ」などと言い聞かされていたのだとしたら。岡部七子さんのお母様ご自身は、寿一実さんへ全幅の信頼をおかれてのお話かとは思いますが、ちょっと考えてしまいますね。

それでも、番組でのお姿を拝見する限りは、岡部七子さんご自身もご結婚を前向きに受け止められているご様子。「今のご時世で娘さんのいく末をこんな形で塞いでしまってもよいのだろうか?」と心配してしまう視聴者の声は、もしかしたら大きなお世話なのかもしれませんね。

 

こちらの件が衝撃的すぎるあまり、「そもそも本気なの?」「清廉潔白アピール?」という売名行為を疑った声も一部上がっているようです。

岡部七子さんは男性とお付き合いされた経験がないそうですから、本当によく分からず「許嫁なのだからそういうもの」として育ってきたのであれば、今一度岡部七子さんによく考える機会を与えてあげてほしいな、と思いますね。

岡部七子の両親(母親・父親)について

許嫁のお話をうかがうと、ご両親のお人柄についても気になりますね。

しかし、岡部七子さんのご両親についての情報は公開されていないようです。2019819日放送の「人生が変わる一分間の深イイ話」では、岡部七子さんの生い立ちについても触れられることでしょうから、ご両親も出演されるかもしれませんね。

 

余談ですが、岡部七子さんは幼少期からバイオリンを習っており、現在も「東京大学音楽部管弦楽団」に所属されています。

バイオリン教育に多額の教育資金が必要となることは周知の事実ですし、バイオリンそのものからレッスン費用も高額ですので裕福な家庭であることは窺えますね。岡部七子さんは学業や研究、ミス着物としてもお忙しい中、現在も週3回はバイオリンの練習時間を設けていらっしゃるそうですよ。

岡部七子のプロフィー

(引用元:https://www.inter-edu.com/

名前:岡部七子(おかべ ななこ)

生年月日:1999130日(20歳)

出身地:埼玉県

大学:東京大学教養学部理科2類(薬学部)

 

岡部七子さんは20194月放送の「さんまの東大方程式」に出演されたことで一躍有名となりました。東大理系女子でありながら、2018年開催のミス日本コンテストにて「ミス着物」に輝いた才媛として話題となりましたね。

高校時代には、日本屈指の進学校にして「スーパーサイエンスハイスクール」に指定される名門「浦和第一女子高等学校」に進学し、「キイロショウジョウバエ」について研究されていました。

岡部七子さんご自身も虫は苦手とのことですが、なぜハエについて研究をしていたのかというと、小学生の頃に「腐っているものの中で生きられる」ハエの姿を見て疑問を抱かれたのだとか。

 

高校一年生の頃には、「キイロショウジョウバエの交尾能力」について野生と飼育下での違いを研究、高校二年生でも「ハエの幼虫(ウジ虫)」についての研究に没頭されたそうです。

高校三年生の頃には、世界各国から選出された理系の高校生がそれぞれの研究成果を発表する「国際学生科学技術フェア(ISEF)」に日本代表として出場。「キイロショウジョウバエの幼虫が抗菌物質を分泌している」ことを突き止め、「薬害耐性菌に効果的な薬の開発に繋がる可能性」を英語にてプレゼンされています。

 

輝かしい功績のように思えますが岡部七子さんご自身は満足されておらず、このフェアでご自身の語学力とプレゼン能力の不足を痛感されたのだそうです。

ミス日本コンテストに出場された理由も、ご自身の成長と研究のため。

「伝える能力がなければ、どんなに素晴らしい研究結果も評価されない」と知った岡部七子さんは、ミス日本のファイナリストとなることで国内トップクラスの講師から国際社会で通用する教養を学びたいとコンテストへの出場を決められたのだそうです。

華やかなばかりではなく、とても向上心のある方なんですね!

 

そんな岡部七子さんの勉強法がこちら。

岡部七子の出身高校は浦和一女!東大合格への勉強法は画期的な方法だった

まとめ

岡部七子さんは、今後日本の国内外で活躍される素晴らしい人材となることでしょう。彼女の頭脳や向上心、そしてその華やかな美しさが評価される日は近いと思います。

しかし、そんな岡部七子さんもプライベートでは一人の女性。まだまだ恋愛経験も少ないそうですが、「寿一実さん一筋」と決めつけずに寄り道をしてほしいですね!なんて、お節介でしょうか?

岡部七子さんのますますのご活躍を応援しております!