芸能人

どぶろっく江口の嫁が男前!子供ができてもプロポーズ拒否の理由は?

どぶろっく 江口直人 嫁 男前 子供

「キングオブコント2019」にて見事優勝を獲得した「どぶろっく」!

 

その独特の緊張感に気圧され、土壇場で本領を発揮出来ずに悔し涙を流すコンビも多いキングオブコント。

今回、長年直向きに挑戦を続けた「どぶろっく」が栄冠を手にしたことは、実におめでたいことですね!

 

さて、下ネタ満載の歌ネタではいつもモテモテの「どぶろっく」ですが、実は、実生活でも女性関係で話題になったことがあるんです。

しかも、なんと「隠し子がいる」なんて噂も…!

イメージ通りといえばイメージ通りですが、この噂って本当なんでしょうか?

 

今回は、どぶろっく「江口直人」さんの男前なお嫁さんと、お子さんについてご紹介します!

 

どぶろっく江口直人の嫁が男前 

どぶろっく 江口直人 嫁 男前 子供

 


どぶろっくの江口直人さんは、2016年元日にご自身のブログにて

「2015年12月に一般女性と入籍した」ことを報告されました。

 

相方の森慎太郎さんも数年前に結婚されていましたし

家族を持つとなると芸にもより一層熱が入りそうですよね!

 

しかし、どうやらこの江口直人さんの奥様が「男前!」ということで

世間では有名なようです。

 

いったい、どうして男前と言われるようになったのでしょうか?

1−1 どぶろっく江口直人が結婚し子供も

実は、どぶろっくの江口直人さんが結婚された際、

同時にお子さんがいらっしゃることも明らかになりました。

 

昨今は所謂「できちゃった婚」「授かり婚」といった結ばれ方も

珍しくはありませんので、こちらに関しては驚くことでもないですよね。

 

しかし、よくよくお話をうかがうとなんだかおかしい…?

実は、こちらのお子さんは「5歳になる」のだそうです!

 

5歳ということは授かり婚ではありませんよね。

つまりお子さんは奥様の連れ子ということでしょうか?

奥様が江口直人さんと同年代の方ならば、すでにお子さんがいらっしゃっても不思議ではありませんものね。

 

と、思ったら。これも違った!

どうやらこのお子さんは「江口直人さんと血の繋がったお子さん」なんだとか!

なんだかそれってどういうこと?なんて混乱しちゃいますよね。

 

実際、世間ではこの件で江口直人さんには

「隠し子がいる!?」と話題になりました。

 

もしも隠し子がいながら結婚しておらず

他の女性と結婚を決められたとなれば無責任な感じがしますよね?

本当に隠し子がいたのならばちょっと驚きですが、真相はどうやら全く違うようです。

 

実は、なんとこのお子さん、江口直人さんと奥様のお二人のお子さんなんだとか

いったいそれってどういうことなんでしょう?ますます謎です!

 

1−2 どぶろっく江口直人の嫁が男前な理由

江口直人さんと奥様は数年前から現在に至るまで、ずっと交際を続けられていました。

お二人の間にお子さんを授かったのも、この交際期間中。

江口直人さんは奥様の妊娠が明らかとなった当初、奥様にプロポーズをされていたのだそうです。

 

なるほど、もともと江口直人さんは奥様と結婚されるおつもりだったんですね。

それではなぜ、現在まで入籍されていなかったのでしょうか?

 

江口直人さんからプロポーズを受けた奥様の答えは、なんと「NO」でした。

お笑い芸人として売れておらず不安定な生活を送る江口直人さんに対し、奥様が求めたのはあなたは芸人として売れなさい。ということ。

「それまで子どもは1人で育てる」とプロポーズを拒否したのだそうです。

 

な、なんと…。

 

普通ならばここで「責任をとって結婚しなさい。芸人をやめて家族を養いなさい。」と求められても当然の状況ですよね!

それに対して奥様の言葉はつまり「あなたを待つ」「芸人として頑張れ」ということ…。

 

江口直人さんを信じているということなのでしょうが、それにしたってとっても男前でカッコイイ奥様です!

 

江口直人さんは以後も奥様の誕生日には毎年プロポーズを続けました

しかし結果はNO、NO、NO。

その間も奥様はお子さんをお一人で育て続け、江口直人さんとお子さんを面会させる機会も何度も作っていたのだそうです。

 

そして、2013年。

「もしかしてだけど〜」の歌ネタがヒットしたことをきっかけに、ついにどぶろっくは爆発的ブレイクを獲得!

この時期はお二人のお子さんが小学校に入学されるタイミングも重なっており、やっと江口直人さんのプロポーズが受け入れられたのだとか。

 

ここまでなんと交際期間は7年間!

本当に奥様は待っていてくださったんですね!

 

奥様の男前ぶりも素敵ですが、毎年欠かさずプロポーズを続けた江口直人さんの一途さにも感動してしまいました!

 

奥様が一般の方ですので、ご家族の詳細については明かされないそうですが、今後もお二人は別居婚の形を取っていく所存なのだそうです。

お子さんもいらっしゃいますし長く別々に暮らしていた家族ですから、ゆっくりお互いの暮らしを擦り合わせていくのでしょうね。

 

1−3 ネットの声

先行きの見えない芸人の夫を、陰で逞しく待ち続ける妻。

奥様の直向きなお姿にはネットでも「江口直人さんのお嫁さんは男前すぎる!」という声が多いようです。

しかし、その一方で「お子さんの負担」を問題視する声も。

 

お父様がいらっしゃるのに一緒に育ててもらえず、戸籍上私生児という特殊な立場に立たされてしまったお子さん。

そのお子さんにしてみれば「可哀想なんじゃないの?」と、今回の件は美談としては語れないということなのでしょう。

 

確かに、ご両親同士が思い合っているのであれば、父母揃った状態で暮らすのがお子さんにとって最適ともいえますね。

そういった機会をお子さんから奪ってしまったと捉えれば、これは可哀想という見方もあるでしょう。

 

しかし、江口直人さんとお子さんはこれまでにも交流があり、面会の機会は度々設けられていたそうです。

そして、今回のご入籍のタイミングもお子さんの小学校入学のタイミングを見計らってのもの。

私生児の扱いとならないようにご両親が身を固めたというのは、お子さんに対する配慮なのではないでしょうか。

 

結局のところ、お二人の関係はどちらに転んでも、どこかに綻びは出てしまっていたでしょうね。

奥様にしてみれば、お子さんを諦めるという選択肢はなかったのでしょうし、そして、お笑い芸人を目指すご主人の夢を諦めさせることもしたくなかった

そして、お子さんに対する親としての責任もしっかり果たしたかったのでしょう。

 

それでは、どうするのか?

奥様は家族にとっての最良の選択を模索し、「夫を信じて、自分が子どもを育てよう」という答えを出されたのかもしれませんね。

 

こういった時、「芸人をやめて責任をとって」という考え方ももちろん正しいです。

しかし、奥様はご主人の夢も、お子さんへの責任もお一人で背負われたのでしょう。

そういう気概があるということは、やはり逞しくカッコいいですよね。

 

「頼る側」に立っていない奥様の力強さ、男前です!

 

どぶろっく江口直人のプロフィール

どぶろっく 江口直人 嫁 男前 子供

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2064770/full/

名前:江口直人(えぐち なおと)

生年月日:1978年4月4日

出身地:佐賀県

所属事務所:浅井企画

 

江口直人さんと言えば「坊主」に「ハット」、「胸毛」がトレードマーク!

いつも力強い歌声でボケを披露し、どぶろっくでは「ハゲてる方」としてお馴染みですよね!

 

どぶろっくのネタは身近な女性を題材にした下ネタのオンパレード!

女性から見るとちょっと勘違いした男性目線の「あるある」だなと思う部分もありますが、それも含めて着眼点が鋭いこと!

妙に生々しくて下品なネタも多いですが、男女ともに「あるある!」「ないない!」なんて思わせる見せ方が凄く上手なんですよね。

 

どうやらこのネタは、作詞作曲も含めて江口直人さんが作っているのだそう

コンビの自己紹介で「むっつりスケベの森です」「がっつりスケベの江口です」のフレーズは最早お馴染みですが、その名に恥じぬスケベっぷりには恐れ入りました…!

 

ちなみに、過去には特定外来種のカミツキガメを飼育していたことで、書類送検をされてしまった江口直人さん


今でも「どぶろっく 江口」と検索すると、真っ先に「亀」が検索候補に上がりますね。

このペットのカミツキガメは、特定外来生物被害防止法施行前から飼育されていた亀でしたので、当時は法律を正しく理解されていなかったことが仇となったようです。

 

「法律制定後に無許可で飼い始めた」ということならば責められるのも当然ですが、もともと飼育していた動物が飼育出来なくなるという発想はありませんでした!

これは自分も気をつけなければなりませんね〜。

 

まとめ

どぶろっく 江口直人 嫁 男前 子供

引用:https://thetv.jp/news/detail/204376/1242802/

 

今回の隠し子報道、ネタがネタなので江口直人さんって「やっぱり無責任な人なのかな?」と思ってしまいましたが、実のところは一本気で真面目な方なんだということが改めて分かり好感度上がりました!

 

奥様も男前な方ですので、お二人は強い絆で結ばれていることでしょうね!

 

家族のお茶の間でどぶろっくを拝見するのは気まずいですが

今後のテレビ出演を楽しみにしています!